幻影旅団に属するボノレノフ=ンドンゴ。
団員ナンバー10。

ボノレノフ表紙.jpg

まるでボクサーがミイラにされたようなルックスです。

彼のオーラ系統は?
そして一見細っこいボノレノフが放つ念能力はどのようなものなのでしょうか?


●ボノレノフのオーラ系統

念にはそれぞれの系統にあてはまる性格があり・・・
・強化系・・・単純一途
・変化形・・・気まぐれで嘘つき
・具現化系・・・神経質
・操作系・・・理屈屋、マイペース
・放出系・・・短気、大雑把
・特質系・・・個人主義者、カリスマ性


ボノレノフは外見によらず、意外とキレキレの決め台詞を言ったりします。
キメラアントの挑発を受け流しているようで、実は結構頭に来てたんだな。。という描写もあり、神経質な感じを覗かせています。
つまりは具現化系。

>ボノレノフの部族、性格、包帯の意味

●ボノレノフの念能力

ボノレノフはギュドンドンド族特有の体の穴があり、踊ることによりその穴で音を奏でることができます。
その音を戦闘力に変える能力が「戦闘演武曲(バト=レ・カンタービレ)」。

・序曲(プロローグ)
念によって、戦闘服と鋭い槍を具現化。
ボノレノフ プロローグ.jpg
閃光のように相手の体を一突きする。
ボノレノフ プロローグ2.jpg


・木星(ジュピター)
木星のような巨大な念の塊を具現化。
ボノレノフ ジュピター.jpg
それで敵の体もろとも潰してしまうど派手な技。
キメラアントを一撃で倒してしまいました。

・変容(メタモルフォーゼン)
36巻にてその名称は出てきましたが、いまだ発動していない能力。
ボノレノフ 変容.jpg

条件次第で色々変身することができる能力ということです。

対ヒソカに通用するのか?

●まとめ

ミイラみたいなボクサーな外見とは裏腹に、ボノレノフの能力はかっこいいです。
バト=レ・カンタービレって言いにくいですけど。

ついついバトル・カンタービレって言っちゃいます。
とはいえ、木星(ジュピター)の威力もかなりのもの。

問題は、ヒソカと対して踊るスキがあるかどうか。。