幻影旅団メンバーのひとりであるコルトピ。

コルトピ1.jpg

一見すると不気味。
髪が長く、顔まで覆われて目が一つしか見えません。

身長もかなり小さいです。
ではコルトピってどんな性格なんでしょうか?

強さはいかほど?
●コルトピの性格

コルトピは基本的にあまり喋りません。
外見も髪だらけなので快活な性格ではない感じ。

インドア派かな。

しかしシャルナークとの会話では意外とフランク。「〜じゃん」って言ってます。
コルトピ3.jpg
一人称は「ぼく」。
34巻で素顔が明らかになっていますが、なんとなくいじめられっ子の少年のようです。
コルトピ5.jpg
ちなみに前髪を伸ばす心理は「人に見られたくないから」といわれています。
あまり光の当たる人生は歩んでいない様子。

また。ヒソカVSクロロ戦では団長に自身の能力を貸していることから、忠誠心が強いことがうかがえます。


●コルトピの強さ

コルトピはいかにも戦闘向きではない感じです。
作中で、コルトピの戦闘シーンは出てきません。

旅団の中の腕相撲では一番弱いです。

ただ、旅団メンバーとともに素早く走ったり、壁を走ったりしていることから、常人よりもかなり強いことを醸し出しています。

コルトピ2.jpg

ちなみに走っても前髪は顔にかかったまま。
コルトピの前髪、強いです。

しかし34巻にて、トイレで踏ん張っているところをヒソカにあっさり殺されてしまいます。
やはり戦闘向きではない。

コルトピ4.jpg

コルトピは強い人間の補助的な役割だったと言えます。
おそらく自らそういう能力を選んだのでしょう。
>コルトピの念能力まとめ

●まとめ

コルトピ、実は群を抜くオーラ量を誇っているといわれています。
しかし、作中で念の設定が固まってくるにつれ、コルトピの能力に矛盾が生じてくるためヒソカに殺されてしまったという説があります。

サポート能力を身につけたために作中から抹消されたとしたら、かわいそうなキャラです。

でも一度だけ見えたコルトピの素顔と、トイレで踏ん張っている時に死んだことは決して忘れません。