ハンターハンターにおいて、初登場時から徐々に顔が変わるキャラは結構います。

その中でも王直属護衛軍として、キメラアント編で活躍したネフェルピトーもその一人。
通称、ピトー。

連載を経て落ち着いた顔はこちら。
ピトー1.jpg
敵なんですがハンターハンターの中でも可愛い!と評判です。
では、ピトーの初登場時の顔はどのようなものだったのかというと・・・


19巻より。
ピトー2.jpg

可愛さはまるで感じず、禍々しさが醸し出されています。
しかも、髪がダスキン的なモップのような感じ。。

鼻もありませんでした。

最初は体にヒラヒラしたものが巻き付いていましたね。
ピトー4.jpg

これはいつの間にやら消失。
このヒラヒラがいつなくなったのかというと、カイトとの戦闘後にボロボロになっている描写があるので、この直後に脱ぎ捨てたものと思われます。
ピトー5.jpg

28巻くらいになると、ピトーは完全に可愛いキャラになっています。
顔も変わっていますが、髪のモップ感は消失。
ピトー6.jpg
髪のウエーブ感が細かく描写されているので違和感がなくなりました。

ピトー、可愛いと言われていますが、実際は男か女かわからないキャラなんですよね。
見た感じは女性なのでヒロイン扱いされたりもしています。それは作品外ですけど。

ピトーの最後は、ゴンさんに頭を砕かれるという、壮絶なものでした。
可愛いのに容赦ないです。。